子猫の飼育について
1.子猫は場所の移動がとても苦手です。
 当キャテリーから自宅へ移動した後はケージに入れて無理に日覆場所で遊ばせすぎたり、
 かまい過ぎたりしないよにして下さい。

2.子猫は1日に18~20時間の睡眠が必要です。遊ばせ過ぎないで、よく寝かせてあげてください

3.猫は寒さにとても弱いので、冬の寒い時期にはペットウォーマーを入れたり、
 室温を22度~ 23度にして保温を心掛けてください。

4.成猫を飼っている方は、ワクチン接種が済むまでは接触できません。
 ワクチン接種後1週間位してから少しずつ慣らしてください。決して無理には一緒にしないでください。

5.子猫のご飯は1日2回ですが、基本的には小分けの量を何回も気ままに食べる動物ですので、
 多めに用意して好きな時に食べられるようにしてあげてください。

6.純血統種の猫は、外に出すと外猫の持つ様々な病気への抵抗力が無いので、
 外には出さないようにしてください。 

7.シャンプーは月に1日程度で充分です。猫は自分で体を舐めてきれいにします。
 子猫の時からシャンプーの習慣をつけると、シャンプーが出来る子に育ちます。

8.猫の避妊、去勢手術は7カ月を過ぎてからとなります。
 それ以前はまだ体が未熟なので避けたほうが良いでしょう。