• HOME
  • >
  • 熱中症
  • 熱中症



    “暑さ”や“温度差から始まる”夏の不調の連鎖

    小さなことでも積み重なると大きな不調に

    高温多湿な日本の夏。この時期はさまざまな原因が重なったり、複雑に影響しあって体調を崩す傾向にあり、熱中症につながるケースも少なくありません。
    暑さによる胃腸の疲れや食事の偏り、大量の発汗による水分・ミネラル不足、寝苦しさからくる睡眠不足などは、夏バテ特有の「だるい」「疲れやすい」といった症状につながります。また、最近の傾向として見られるのは、暑い室外と、極端な冷房環境との温度差による“冷え”で夏バテと影響しあって内臓への負担が大きくなることも。一方、“冷え”で自律神経が乱れると、体温調整がうまくできず、体外へ熱が放出できなくなり、体内にこもってしまいます。また、必要以上に汗をかいて水分やミネラルを失って脱水症状になることもあり、熱中症のリスクが大いに高まります。夏はこうした要因が積み重なっていくので、小さな不調こそ見逃さず日常的に死を付けていくことが大切です。
    「熱中症」「夏バテ」予防の基礎知識

    〇上手に汗をかき、早めの水分補給
    室内でも気づかないうちに脱水症状になる人がいるように、のどが渇いたと自覚するころには体内の水分はかなり減少しています。“渇き”の感覚に頼らず、常にこまめな補給を心掛けましょう。水だけではなく、アセト共に失われてしまうビタミンやミネラルなども一緒にとれる智効果的です。
    ~水分と一緒ン位摂りたい成分~
    ・ナトリウム
    ・カリウム
    ・カルシウム
    ・糖質
    ・水溶性ビタミン
    ・クエン酸
    汗に含まれるナトリウムなどのミネラル、水に溶けやすい水溶性のビタミンB群やビタミンC、消耗した体の回復に役立つクエン酸など。これらを含むスポーツドリンクやビネガーなどを活用するのもいいでしょう。ただし、糖分の摂りすぎには注意が必要です。

    〇室内の湿度・温度をしっかり管理
    環境省が推奨する冷房時の室内温度の目安は28度、湿度は55%~65%。外気温との極端な温度差を避けて冷えすぎないようににしましょう。暑いと感じたら、扇風機や送風機を活用すれば体感温度が下がり、過ごしやすくなります。また、電車や職場空間などでは温度管理が難しいため、冷感グッズやは折るものを用意して、環境に合わせて調整できるようにするとよいでしょう。

    〇入浴で温め&リラックス
    夏はシャワーでサッと済ませがちですが、、お湯につかると体が温まり、リラックス効果によって自律神経に働きかけます。ただし、高温や長時間の入浴はかえって体力を消耗するため、半身浴がおすすめ。入浴後は水分補給を忘れずに。

    〇すこやかな眠りの工夫を
    1日の疲れやストレスは、その日の睡眠で解消するのが理想。運動でエネルギーを程よく消費した後や、入浴で体を温めた後は、眠りやすくなります。睡眠中ン位も汗をかくので熱がこもりにくく吸水性・速乾性の高い寝具を選ぶことも大切。

    〇バランスを考えながら適切な栄養補給を
    健康維持に欠かせない大切な要素といえば食生活。夏は暑さによって飲み物ばかりを摂り続けたり、麺類や冷たいももなどが多くなりがち。胃腸の調子が悪くなると食欲も栄養の吸収も低下して偏りや栄養不足が生じ、夏バテにつながります。活力が欲しい時期なのに、食欲が減退しがちな夏は、基礎栄養素を中心にバランスを考えた食事を心掛けたいものです。
    ~元気を応援する栄養素~
    ・たんぱく質
     筋肉や骨、」血液、皮膚など体を作る材料。また、体の機能を支える酵素やホルモンを作り出したり、エネルギーとしても利用される。
    ・糖質、脂質
     活力に欠かせないエネルギー源。ビタミンB群を一緒にとると、エネルギー生産をサポートする。脂質は、動物性食品に限らず、健康の見方と言われ、青魚などに多く含まれるオメガ3系脂肪酸(不飽和脂肪酸)なども意識してバランスよくとるのがおすすめ」。 
    ・CoQ10(コエンザイムQ10)
     細胞内でエネルギーを生産するのに欠かせない補酵素。エネルギーのプロデューサーともいわれ、活力やスタミナ維持をサポート。
    ・ビタミン、ミネラル
     体の機能や調子を整え、三大栄養素の働きをサポート。多様な種類があり働きも様々なためいろいろな種類をバランスよくとることが大切。
    ニューアイソトニック-M 粉末清涼飲料
    カルシウム、鉄、カリウム、マグネシウムなどのミネラルとビタミンを配合。体液に近い浸透圧により、汗とともに失われた栄養成分をすばやく補給。水に溶かして飲む粉末飲料です。

    【こんな時におすすめ】
    お風呂上りや寝起き、運動後など、汗をかいた後に。
    他社の一般的なスポーツドリンクよりも、ナトリウムが多く含まれています!




    「熱中症」に気を付けましょう!

    熱中症とは、熱によって起こる様々なからだの不調のことを言います。暑さによって体温調節機能が乱れたり、体内の水分量・塩分量のバランスが崩れたりすることが原因です。

    「環境」と「体の状態」が熱中症の2大要因!
    「環境」の要因 ・気温や湿度が高い
            ・風が弱い
            ・日差しが強い、など
    「体の状態」  ・激しい運動等による、たくさんの熱の産生
            ・疲れや寝不足、病気などで体調がよくない
            ・暑さにからだが慣れていない、など


    熱中症になってしまったら・・・
    〈症状が軽い場合〉
    立ちくらみ、めまい、筋肉の痙攣、倦怠感、脱力感など、熱中症を疑う症状がみられたら、まずは風通しのよい日陰やエアコンのきいた室内に移動します。すぐに水分補給をし、衣服をゆるめ、首筋や脇の下、足の付け根や足首などの動脈が通っている部分を冷やします。

    水分補給・栄養補給の為にビタミンB群の摂取がおすすめ!
    エネルギーを生み出す代謝を助けるのは、ビタミンB₁やB₂、B₆などのビタミンB群です。なかでもエネルギー源となる炭水化物の分解・吸収に欠かせないビタミンB₁は、食事のほか、栄養ドリンクなどで補給するのがおすすめです。


    〈症状が重い場合〉
    激しい頭痛や吐き気、40度近い高熱などの場合は、速やかに医療機関で受診しましょう。

    その他、熱中症のセルフケア
    十分な睡眠や休養、栄養をとり、体力の回復を図りましょう。毎日の生活のなかで、涼しく過ごす工夫やこまめな水分補給を心掛け、暑さに負けない健康なからだ作りをしておくことも大切です。